雄星 4被弾など4回6失点の乱調で8敗目 チームも首位アストロズに完敗

[ 2019年8月3日 12:20 ]

ア・リーグ   マリナーズ2―9アストロズ ( 2019年8月2日    ヒューストン )

<マリナーズ・アストロズ>敵地アストロズ戦に先発したマリナーズの菊池雄星(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(28)は2日(日本時間3日)、敵地ヒューストンでのアストロズ戦に先発登板。4本のアーチを浴びるなど4回6失点で降板し、今季8敗目(4勝)を喫した。チームは2―9で完敗だった。

 初回は先頭のスプリンガーに初球を中前打とされるも後続を打ち取り無失点で立ち上がりを終えた。

 2回、先頭の5番・アルバレスに中越えとなる先制ソロ。その後、最少失点に抑えたい菊池だったが2死二塁から9番・マリズニクに左翼席へ2ランを浴び、この回3点を失った。

 3回は得点を与えず迎えた4回、1死走者なしから8番・マルドナードに右越えソロを浴びると、2死三塁から2番・アルトゥーベにも左越え2ランを許した。この回までは投げ切るも、菊池は5回のマウンドには上がらず降板。4回77球を投げ9安打6失点無四球1奪三振で防御率は5・49となった。

 チームは菊池の後を受けた救援陣も失点を重ね、打線も反撃できずに敗戦。2連敗を喫し、借金は18まで膨らんだ。

 菊池は前回登板となった7月26日(同27日)のタイガース戦では6回2/3を投げ7安打2失点と粘りを見せるも勝敗は付かなかった。4勝目を挙げた6月23日(同24日)のオリオールズ戦以来、白星から遠ざかっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年8月3日のニュース