西武4位転落 森、ソロ&満弾も…点取り合戦また1点差負け 辻監督投壊嘆く

[ 2019年8月3日 05:30 ]

パ・リーグ   西武8-9オリックス ( 2019年8月2日    京セラD )

8回2死一塁、安打を放つ森(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武は満塁弾を含め2発のアーチを放つなど、森が5打点の活躍を見せたが、またも1点差で敗れた。先発・佐野が5失点、2番手・平良も4失点と、10―11で打ち負けた前夜に続き、投手陣が崩壊した。捕手としてリードする森は「野手の人が頑張ってくれているので、なんとかバッテリーで勝ちにつなげたい」と言葉を絞り出した。

 再び4位転落となった辻監督は投手陣について「昨日と一緒。みんな球が高いし力がない。もうちょっと考えないと…」と苦言を呈した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年8月3日のニュース