阪神・高橋遥、自己ワーストタイ7失点降板「エラー引き出したのは自分」

[ 2019年8月3日 06:00 ]

セ・リーグ   阪神0―7広島 ( 2019年8月2日    マツダ )

6回、バティスタに満塁本塁打を浴びて降板し、ベンチで呆然とする高橋遥(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 潔く敗戦を受け入れた。味方の拙守から幕開けした一戦。それでも阪神・高橋遥は言い訳することなく、粘り切れなかった自分を責めた。

 「立ち上がりが悪かった。四球を出して連打を浴びてリズムを悪くしてしまった。(ソラーテの)エラーを引き出したのは自分。やっぱり先頭を出したらピンチになる。初戦を任されているのに、こういう形で試合を壊してしまい申し訳ない」

 初回先頭の西川に右前打を打たれると、菊池涼の打席でランエンドヒットを仕掛けられた。右前打となり、いきなり一、三塁の大ピンチ。その後、1死満塁と局面は変わり、勝敗の分岐点が訪れた。

 5番・松山の打球は平凡な二ゴロで併殺となるはず…だった。だが、二塁・ソラーテがファンブルして、やらずもがなの先制点を献上。なおも1死満塁から会沢の内野ゴロの間に2点目を失った。

 2回以降は要所を締めたが、6回にも拙守で足を引っ引っ張られた。無死一塁から、メヒアの飛球は二塁後方へ。ソラーテは懸命に追いかけたが捕球できない。糸井の前にポトリと落ちる右前打となり、ピンチは広がった。何とか2死一、二塁までこぎ着けたが、西川に中前適時打を浴び3点目。ゼロで切り抜ければ、流れを引き寄せた可能性がある場面だ。気落ちしたのか、菊池涼を四球で歩かせると、満塁からバティスタには高めの直球を左翼席へ放り込まれた。昨年も含めて過去2試合は、広島打線を零封してきた左腕。それが、5回2/3を自己ワーストタイの7失点で降板した。

 「中盤のピンチでも続投させてもらっている。そこでほとんどの確率で打たれていて、申し訳ないというより悔しいです」

 先発としての役割を果たせなかったことが、何よりも悔しかった。3敗目。自己最多となる3勝目は、次こそ決めてみせる。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月3日のニュース