霞ケ浦エース鈴木、履正社との初戦に本音「最初から当たりたくなかった」

[ 2019年8月3日 20:21 ]

第101回全国高校野球選手権大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年8月3日 )

<高校野球・抽選会>2日目第1試合で対戦が決まり、ポーズを取る履正社・野口海音主将(左)と霞ケ浦・芳賀太陽主将  (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 霞ケ浦(茨城)の初戦の対戦校は、優勝候補にも名が挙がる履正社(大阪)に決まった。

 プロ注目の井上広大外野手(3年)を軸にした強打線を、どう抑えるかが勝利のカギ。エースで同じくプロ注目の鈴木寛人投手(3年)は、「正直、最初から当たりたくなかった」と本音をポロリ。それでも、「チームが勝てる投球をしたい。良いバッターが相手で楽しみもある」と立ち向かう。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年8月3日のニュース