阪神・近本 2戦連続マルチ、好調継続 ここ4試合打率・600

[ 2019年8月3日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0―7広島 ( 2019年8月2日    マツダ )

初回1死、近本は中前打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 自身の役割は果たした。7月4日のDeNA戦以来の2番で先発した阪神・近本は初回、9回に中前打を放ち、2戦連続の複数安打。敵軍のエース、大瀬良にも貫禄負けしなかった。

 「前の打者は関係なく、その時に回って来た状況を考えてやろうと思っていました」

 糸井と初めて「1、2番コンビ」を組み、初回1死では右腕の2球目を中前へ。0―7の9回1死の第4打席も二遊間を破る一打で、最後まで諦めない姿勢を見せた。

 試合前には同じ淡路島出身で阪神の大先輩にあたる、鎌田実氏の訃報が届いていた。「鎌田さんのことは存じ上げていました。虎風荘にもレリーフがあるなと思っていたので。ご冥福をお祈りいたします」。先人にささげる2安打でもあった。

 「僕のできることはホームランを打つことじゃなく、塁に出ること。それはできたかなと思います」

 残念ながらこの試合では前後とつながらなかったものの、6月から7月上旬にかけての不振からは脱却。これで5試合連続安打となり、ここ4戦では15打数9安打、打率・600の大暴れだ。

 ソラーテの加入によって今後も打順は変わる可能性はある。それでも、自分の仕事をしっかりと理解しているドラフト1位・ルーキーに心配はいらない。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月3日のニュース