西武・源田 初回緊急交代 左太腿裏に張り 今後は様子見て判断

[ 2019年8月3日 05:30 ]

パ・リーグ   西武8-9オリックス ( 2019年8月2日    京セラD )

 「9番・遊撃」で出場した西武・源田が、初回の守備に就く前に左太腿裏の張りのため途中交代。「練習から張りがあった。“大事になる前に勇気をもって休もう”と、監督に言われた。ケガにならないようにしたい」と話した。

 辻監督は「脚の張りが強いから、やってしまってはきつい。(故障で)長期離脱はきついから」と説明。今後の出場については様子を見て判断していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月3日のニュース