聖光学院・斎藤監督「練習のれの字もできていない」 2回戦の初戦を歓迎

[ 2019年8月3日 18:58 ]

第101回全国高校野球選手権大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年8月3日 )

海星・坂本主将とポーズをとる聖光学院・清水主将(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 6日に開幕する全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市内で行われた。13年連続16度目の出場となる聖光学院は、2回戦で5年ぶり18度目出場の海星(長崎)との対戦が決まった。7日目の第2試合目で対決する。

 海星とは14年の国体の初戦で初激突し、聖光学院が3―2で勝利を収めている。県勢と長崎勢の直接対決は5度目となり、成績は2勝2敗と拮抗。斎藤監督は「28日が県大会の決勝で(過密日程から)、練習のれの字もできていなかった。日程的に2回戦がいいなと思っていたので、清水が最高のところを引いてくれた」と笑顔を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年8月3日のニュース