習志野のプロ注目150キロ右腕・飯塚「本番は夏」フル稼働宣言

[ 2019年8月3日 05:30 ]

投内連係でホームカバーに入る習志野のエース・飯塚(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 第101回全国高校野球選手権大会(6日から16日間、甲子園)の出場各校による甲子園練習第2日が2日に行われ、25校が汗を流した。3日は13校が練習し、午後4時から組み合わせ抽選会も行われる。

 習志野は今春センバツ準優勝右腕の飯塚が、フル稼働を宣言した。春までは主に抑えを務めていたプロ注目の150キロ右腕は「春は体力不足だった。全部の試合で最後まで投げたい」と今夏は先発完投も目指す。春以降は1日120球の投げ込みを日課とし「体力をつけられた。本番は夏だと思っている」。練習では力強く5球を投げ込み、状態を確認した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月3日のニュース