DeNA、リリーフ陣が勝ち越し許さず 好救援のエスコバー「オトコハ、ダマッテ、ナゲルダケ」

[ 2019年8月3日 21:43 ]

セ・リーグ   DeNA6―5巨人 ( 2019年8月3日    横浜 )

ヒーローインタビューを終え、ポーズをとる国吉(左)とエスコバー
Photo By スポニチ

 DeNAが接戦を制して巨人に連勝。8回のピンチでエスコバー、国吉が踏ん張り、決勝点につながった。

 5―3と2点リードで迎えた8回。3番手のパットンが阿部、若林、坂本勇に3連打を浴びて5―5の同点に。なおも無死二塁のピンチだったが、エスコバーが丸を浅い中飛に打ち取って1死。岡本を申告敬遠で一塁へ歩かせ、亀井を二ゴロに斬った。

 左打者2人を抑えたエスコバーはここでお役御免。2死一、三塁の場面でマウンドに上がった国吉は、ゲレーロを二ゴロに打ち取って勝ち越し点を許さなかった。

 お立ち台に上がったエスコバーは「オトコハ、ダマッテ、ナゲルダケ」と日本語で頼もしい言葉。国吉も「リリーフ陣でこうやって勝ててよかった」とうれしそうに話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年8月3日のニュース