清宮 3打数3三振連続打席無安打 23に伸びる

[ 2019年7月10日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―6日本ハム ( 2019年7月9日    ZOZOマリン )

 清宮の連続打席無安打が23まで伸びた。この日はプロ入り後、初めて9番で先発出場も3打数3三振。これで23打席中16三振と復調の兆しが見えず「甘い球があったけど、簡単に見逃している」と反省点を口にした。

 チームも近藤の今季初本塁打で1点を返しただけで、連勝も4でストップ。栗山監督は清宮について「何とかしないと」と話した。

≪768日ぶりも…中村6失点KO≫17年に右肘手術を受け、同年6月1日のDeNA戦以来768日ぶりに1軍復帰した中村が、2回0/36失点でKOされた。初回こそ3者凡退に抑えたが、2回に田村に先制打を許すと、3回は清田に満塁弾を浴びるなど5失点。2年ぶりの1軍マウンドに「興奮したし、緊張した」が、2年ぶりの白星はならず「変な力みがあった」と4四球を反省した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース