【長野】松商学園 前回王者にコールド勝ち「自信がついた」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 長野大会2回戦   松商学園7-0佐久長聖 ( 2019年7月9日 )

宿敵・長聖に快勝し喜ぶ、鈴木(中央)ら松商ナイン
Photo By スポニチ

 松商学園は、前回覇者で、7年連続で決勝に駒を進めていた佐久長聖に7回コールド勝ちした。

 148キロ右腕・北畑に2番・清水の2ランなど長短11安打で7点を奪い、背番号11の鈴木が散発5安打で完封した。楽天・岸に憧れる1メートル83、78キロの大型右腕は「ストレートが走っていて、いい球を投げられた。自分的にも自信がついた」。ノーシードから2年ぶりの頂点を狙う。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース