【福島】勿来工2年ぶり初戦突破!照沼「自信あった」9回サヨナラスクイズ決めた

[ 2019年7月10日 15:52 ]

第101回全国高校野球選手権福島大会1回戦   勿来工4―3清陵情報 ( 2019年7月10日    いわきグリーンスタジアム )

<勿来工・清陵情報>サヨナラのスクイズを決める照沼
Photo By スポニチ

 勿来工が開幕戦をサヨナラで制し、2年ぶりに初戦を突破した。

 9回1死一、二塁から國井凌摩主将(3年)の中前打で同点に追いつくと、なおも1死満塁で照沼歩武(同)がスクイズを決め、サヨナラ勝ちした。照沼は「バントには自信があった。気持ちを入れて集中して打席に立った」と笑顔で振り返った。

 2回戦は保原と対戦する。照沼は「しっかり調整して、次戦も一丸となって戦いたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース