ロッテ奇襲成功 唐川→チェン→石川のリレーで5回零封 井口監督「総力戦で」

[ 2019年7月10日 20:18 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2019年7月10日    ZOZOマリン )

ロッテ先発の唐川(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテ・唐川のショートスターターが成功した。先発予定のボルシンガーが右足首捻挫のために回避。井口監督は「総力戦でいく」と、今季ここまで27試合すべて中継ぎ登板していた唐川を先発に指名。その右腕が1回を無失点で抑えると、2回からチェン。5回からは10試合すべて先発していた石川を投入し、日本ハム打線を惑わせた。

 打線は4回に左太腿痛から復帰した角中が「復帰して初のタイムリーなのでただただうれしい」と、この日2打点目となる左前適時打を放つなど前半に5点のリードを奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年7月10日のニュース