巨人・坂本勇12打席ぶりヒットでリーグトップタイ63打点!

[ 2019年7月10日 19:55 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年7月10日    甲子園 )

<神・巨>2回、2死満塁、中前に2点適時打を放つ坂本勇(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(30)が2回に2点打を放ち、打点をリーグトップタイの63に伸ばした。

 初回に丸の16号ソロで先制し、2回に炭谷が中前適時打を放った直後。2点リードの2死満塁とすると、メッセンジャーの146キロ直球をはじき返して中前に運んだ。同時点でリーグトップのヤクルト・村上に並ぶ63打点。12打席ぶりの安打を「みんながつないでくれたチャンスで打てて良かったです」とコメントした。

 本塁打数は今季25本でDeNA・ソトと並んでいて、この時点で「2冠」に立った。セ・リーグの貯金を独占する2連勝中のチームはこの日も打線がつながり、メッセンジャーを2回4失点降板と攻略した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース