阪神 ガルシア 援護なし4敗目も「自分の仕事はできた 満足」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0―1巨人 ( 2019年7月9日    甲子園 )

力投するガルシア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・ガルシアは無援に泣いて4敗目が付いても8回を4安打1失点に抑えた内容に胸を張った。「自分の仕事はできたので、満足している。次の試合は勝てるようにやっていきたい」。8回に1死三塁からの内野ゴロで決勝点は奪われても決定的な痛打はなかった。

 アクシデントを乗り越えた力投だ。初回2死二塁から岡本の痛烈なライナーが右足首付近を直撃。捕手の坂本のカバーで攻守交代になった後、苦悶(くもん)の表情を浮かべてその場に座り込んだ。トレーナーに付き添われて足をかばうようにベンチへ。状態が心配された中、2回以降もマウンドに立った。

 「痛かったんですけど、試合に出ている以上は最後まで投げたかったので」

 先発投手としての責任感が気持ちを奮い立たせた。140キロ台中盤の直球に加えてスライダーやチェンジアップを織り交ぜてコースを突き、24アウトの半分をゴロで奪った。

 打席でも奮闘。3回1死一塁ではカウント2―2と追い込まれた状況で三塁手・ビヤヌエバの右を抜くプッシュ気味のバント安打を決めた。6回も先頭で右前打を放ち、来日2年目で初のマルチ安打を記録した。

 中日に在籍した昨季は巨人戦で3勝1敗、防御率1・80の好相性を誇った。移籍後初登板だった4月2日の対戦では4回7失点の大炎上。約3カ月ぶりの再戦でしっかり本領を発揮し、矢野監督にも「文句ないでしょう」と認められた。

 巨人との8・5ゲーム差を縮めるには直接対決で倒すことが何よりの一番の近道で、“キラー”の存在は大きい。試合後も病院には行かず冷却スプレーの治療だけで済ませ、今後の登板へ支障はない。「満足していますけど、スーパーマンみたいに投打で活躍したかった」。のぞかせた悔しさは後半戦で晴らせばいい。(長谷川 凡記)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース