シティライト岡山「都市総務大臣賞」地域活性化などで貢献 13日表彰

[ 2019年7月10日 05:30 ]

 第90回都市対抗野球大会の開会式(13日、東京ドーム)で表彰する「地域の元気 総務大臣賞」に、岡山市のシティライト岡山が選ばれた。地域の活性化などに功績が顕著な社会人野球チームに贈られる同賞は、毎日新聞社、日本野球連盟、総務省、増田寛也(野村総研顧問、元総務相)、宇津木妙子(日本ソフトボール協会副会長)の両氏による選考委員会が、全国から推薦された20チームの中から選出した。

 シティライト岡山は07年に野球部が発足。73年のクラレ岡山解散以降続いていた岡山市の企業チーム不在に終止符を打ち、今年は念願の初出場を果たした。中学生への技術指導のほか、サッカーなど野球以外のスポーツも支援。18年の西日本豪雨の際には募金やボランティアに従事するなど、さまざまな地域貢献活動が評価された。

 なお、同賞に準ずる奨励賞は該当チームなしとなった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月10日のニュース