【東東京】淑徳巣鴨、璃花子先輩へ勇気届けた逆転勝利「少しでも力になれれば」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会2回戦   淑徳巣鴨6-5都三田 ( 2019年7月9日    大田 )

8回,新井の中前適時安打で勝ち越しに喜ぶ淑徳巣鴨ナイン
Photo By スポニチ

 淑徳巣鴨は、闘病中の先輩に勇気を届ける白星だ。接戦を制し、淑徳巣鴨が2年連続で初戦を突破。5―5で迎えた8回、中前へ決勝打を放った1番・新井は「何が何でも打ってやるという気持ちだった」と興奮気味に振り返った。

 白血病で治療を続ける競泳女子・池江璃花子(19)は同校OG。在学中の先輩の姿を、何度も校内で見かけたという新井は「大変な病気の中でも勇気を与えてくれて凄いと思った。僕たちが勝って勇気を与えたい」と奮起した。3回の時点で0―3。中盤まで常にリードされる展開ながら、2―5の6回に敵失と7番・森屋、8番・井上の連続適時打で追いつき、8回2死一、二塁から新井の一打が飛び出した。

 影山琢監督は「私たちが勝つことで(池江が)母校の名前を目にし、少しでも力になれれば」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース