オリックス 則本昂に9連敗 西村監督「どんどん振るだけでは…」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1―6楽天 ( 2019年7月9日    楽天生命パーク )

4回、腕を組みベンチで厳しい表情の西村監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 またも天敵にひねられた。オリックスは則本昂に6回3安打無失点に封じられ、17年から9連勝を献上。9回に吉田正の15号ソロで零敗を阻止するのが、やっとだった。西村監督は「力のある投手なので。どんどん振るだけでは…。真っすぐをどうするか、対応を考えないと」と嘆いた。

 誤算は則本昂のミスで舞い込んだ好機を逸した2回だ。死球と暴投などで2死二、三塁をつくりながら若月が遊飛に倒れ、主導権を手渡した。指揮官は「なかなか打てる投手ではない。明日も岸が先発ですし、先に先に…という試合をしていかないといけない」と、きょう10日の前半戦最終戦へ打線の奮起を促した。(湯澤 涼)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月10日のニュース