大谷 7試合ぶり無安打 初対戦左腕は「いいアプローチをする」

[ 2019年5月21日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス1―5ロイヤルズ ( 2019年5月19日    アナハイム )

<エンゼルス・ロイヤルズ>ノーヒットに終わった大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷は7試合ぶりに無安打に終わった。初回1死二塁はストレートの四球で好機を広げたものの、先制点には結びつかず。3、7回はいずれも前打者のトラウトが出塁したが空振り三振に倒れた。主砲のブレーキが響き、チームも敗れ同一カード3連勝はならず。

 ロイヤルズ一筋の先発左腕ダフィーは「スライダーでいくつか空振りは取れたが、いいアプローチをする選手。とてもいい打者なので集中力を高めたい」と大谷との初対戦を振り返った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月21日のニュース