7回まで3安打…中日 天敵・野村に早くも今季3敗目「先に点を取っておかないと」

[ 2019年5月21日 21:54 ]

セ・リーグ   広島3―2中日 ( 2019年5月21日    三次 )

<広・中>厳しい表情でベンチを出る与田監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 天敵にまたも苦杯をなめさせられた。

 中日は打線が相手先発・野村に7回までわずか3安打で無得点。2回に連打で1死一、二塁の好機をつくった以降、3回からは打者1人すら出ることができなかった。

 9回に相手守護神・中崎を攻め、0―3から1点差に迫ったものの相手先発を攻略できなかったことが響き、惜敗。

 与田監督は「良いピッチングをされたけど、先に点を取っておかないと。中々リズムに乗れない」と指摘した。

 これで野村には今季早くも3敗目。敵地・広島では開幕から4連敗と「天敵×鬼門」という組み合わせでまんまと白星を献上。指揮官は「何とか自分たちの能力で対応していかないと」と個々人のレベルアップを求めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月21日のニュース