輝星 キャッチボール再開 体調は「大丈夫」

[ 2019年5月21日 13:21 ]

日本ハムの吉田輝
Photo By スポニチ

 ウイルス性胃腸炎のため、17日のイースタン・リーグ、DeNA戦の先発を回避した日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が21日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でキャッチボールを再開。体重は1キロ減ったことを明かしたが、「(体調は)大丈夫です。軽い感じで、“お腹が痛いな”というくらいでした」と問題なしを強調した。

 19日から軽めのウオーキングで練習を再開した右腕は、この日も別メニューながら、トレーナーを相手にキャッチボールを行った。軽めの投球だったが、「思ったよりいいボールがいってびっくりした。“いいボールきていた”と言ってもらった」と明るい表情で話した。

 近日中に全体練習に復帰予定。「これから(感覚を)しっかり取り戻していきたい」と早期復帰へ意気込んでいた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月21日のニュース