早大・加藤 2安打&2打点で快勝貢献 2度目の首位打者射程

[ 2019年5月21日 05:30 ]

東京六大学野球 第6週最終日   早大7―4法大 ( 2019年5月20日    神宮 )

<法大・早大>初回2死二塁、先制の右越え適時三塁打を放つ加藤(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 3回戦1試合が行われ、早大が加藤雅樹外野手(4年)の先制打を含む2本の適時打などで法大を下して勝ち点を3とした。加藤は打率・432でリーグトップに。2年春以来2度目の首位打者を射程圏に捉えた。

 22歳の誕生日だった前日は3安打。この日も2本の適時打で勝利に貢献した早大の主将・加藤は「一打席に集中して悔いのないようにしています」と笑顔を見せた。5打数2安打で前日の・438から打率を6厘下げたものの、ライバルの檜村、福田が無安打でトップに。「数字は見ないようにしています。慶応には勝ち点がまず第一。そして打率という結果がついてくれれば」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月21日のニュース