西武・山川、2年連続両リーグ20号一番乗り!「沖縄のみなさんのために打ちました」

[ 2019年5月21日 21:31 ]

パ・リーグ   西武―ソフトバンク ( 2019年5月21日    那覇 )

<西・ソ>7回1死一、二塁、左越え本塁打を放ち、どすこいをする山川(右)(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 西武の山川穂高内野手(27)は、21日に沖縄セルラースタジアム那覇で行われたソフトバンク戦で7回に20号3ランを放った。2年連続で両リーグ最速で20号に到達した。

 山川は「4番・一塁」で先発出場。4―3の7回1死一、二塁で迎えた第4打席でカウント0―2からソフトバンク3番手・松田遼の3球目をレフトスタンドへ運んだ。

 故郷・沖縄での一発に、山川は「打ったのはスライダーです。沖縄のみなさんのために打ちました!鳥肌全開です!!」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月21日のニュース