楽天・ウィーラー、土壇場で決勝3ラン!同点弾・ブラッシュと助っ人2人の活躍で首位快走

[ 2019年4月23日 21:11 ]

パ・リーグ   楽天4―1日本ハム ( 2019年4月23日    札幌D )

<日・楽>9回無死一、二塁、勝ち越しの3点本塁打を放ったウィーラー(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天は1―1の同点で迎えた9回、ウィーラーが勝ち越しの6号3ランを放ち3連勝。首位をキープした。

 楽天は序盤、日本ハム先発の杉浦に5回パーフェクトに抑えられる苦しい展開。しかし、6回に7番・ブラッシュが代わったバーベイトから2号ソロを放ち、同点に追いついた。

 9回、1死から浅村の四球、島内の右前安打で一、二塁に。このチャンスに5番・ウィーラーが初球を叩き、レフトスタンド中段に飛び込む決勝6号3ラン。平石監督の39歳のバースデーを白星へと導いた。

 先発・辛島は7回途中、投球中に足がつるアクシデントで緊急降板。しかし後続の森原・ハーマン・松井が無得点に抑え、勝利を呼び込んだ。ハーマンが今季3勝目。松井が8セーブ目を挙げた。

 日本ハムは先発杉浦が5回を完全に抑えたが、代わったバーベイトが6回に同点ソロを被弾。さらに9回に抑えの秋吉が3ランを浴びて万事休す。楽天戦は開幕から4連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月23日のニュース