阪神・藤浪、1カ月半ぶり実戦へ「いろいろ意識するでしょうけど…」

[ 2019年4月23日 08:46 ]

阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪も23日からのウエスタン・リーグ、ソフトバンク3連戦で約1カ月半ぶりに実戦を解禁する見通しだ。中継ぎで1回を投げる予定で、「ブルペンでもいい感じで投げられている。マウンドに立てば、いろいろ意識するでしょうけど、まずは、いい感覚で投げられたら、それでいいかなと思う」とテーマを掲げた。

 最後の実戦は3月12日の中日とのオープン戦。先発して4回1失点ながら3四球1死球を与えるなど制球に不安を残し、自ら志願する形で2軍での再調整が始まった。まずはキャッチボールで投球フォームを確認し、3月下旬からは投球練習でも調整。一球一球を丁寧に投げてきた。つかんだ感覚を打者に対しても出せれば、1軍復帰も見えてくる。再出発の投球に注目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月23日のニュース