DeNA・神里 初回の第1打席で二ゴロ 6打席連続三振にピリオド

[ 2019年4月23日 18:35 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2019年4月23日    横浜 )

 DeNAの神里和毅外野手(25)が23日の阪神戦(横浜)に「1番・中堅」で先発出場。初回の第1打席で二ゴロを打ち、6打席連続三振にピリオドを打った。

 神里は20日に行われた広島戦(マツダ)の最終打席に空振り三振に倒れ、翌21日の広島戦(同)では空振り、見逃し、空振り、空振り、空振りと全5打席で三振に終わっていた。

 なお、野手最多の連続打席三振は2006年鉄平(楽天)の9打席、セ・リーグは1975年ジョンソン(巨人)の8打席。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月23日のニュース