ソフトB内川がV弾 開幕から低調「奇跡が起こった」

[ 2019年4月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―1オリックス ( 2019年4月22日    東京D )

7回無死、ソロ本塁打を放ち拳を突き上げる内川 (撮影・白鳥 佳樹)   
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・内川が同点の7回に勝ち越しの左越え2号ソロを放った。36歳のベテランはお立ち台で「やっと貢献できた。この時間が一生続けばいい」と目を潤ませた。

 開幕から状態が上がらず、この日も2打席目まで凡退。7回も「奇跡でも起こってくれないかな」と思いながら打席に立ち「本当に奇跡が起こった」と話した。5試合連続安打と復調気配で勝負強さも発揮した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月23日のニュース