阪神の41歳・福留 バックスクリーンへ3ラン 14試合ぶりの今季2号

[ 2019年4月23日 19:36 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年4月23日    横浜 )

<D・神> 5回2死一、二塁、福留は中越え3ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の5番・福留が41歳とは思えぬ豪快な一発を放った。

 3―0で迎えた5回2死一、二塁。DeNA先発・上茶谷が投じた初球の真ん中ストレートを完璧に捉えると、打球はバックスクリーン最前列に飛び込む3ランになった。打った瞬間に確信するほどの完璧な当たりだった。

 4月6日の広島戦以来、14試合ぶりの今季2号。初回に犠飛、3回に右前打を放っており、5回時点で2安打4打点の大暴れだ。3日後の26日に42歳を迎える大ベテランが、衰えなど感じさせない打球を放ち、連敗中のチームをけん引している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月23日のニュース