阪神 先発野手全員の13安打8得点 福留2安打4打点に矢野監督も「いい流れをつくってくれた」

[ 2019年4月23日 22:49 ]

セ・リーグ   阪神8―3DeNA ( 2019年4月23日    横浜 )

<D・神> 5回2死一、二塁、福留は中越え3ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は今季初の先発野手全員安打を含む13安打8得点で連敗を「3」で止めた。

 攻撃陣では5番の福留が3打数2安打4打点と爆発。また、1番の近本はマルチ安打に加えて自己最多の3打点をマークした。打線の援護を受けた先発の青柳は6回1/3、5安打3失点で待望の今季初勝利。

 矢野監督も「流れとしても、本当にいい流れをつくってくれた。青柳と(福留)孝介がね。いい流れをつくってくれた」と投打のヒーローを称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月23日のニュース