DeNA 今永&関根が小学校訪問 質疑応答やキャッチボールで触れ合い

[ 2019年4月23日 13:44 ]

潮田小学校を訪問し、キャッチボールを指導するDeNA・今永
Photo By スポニチ

 DeNAの今永昇太投手、関根大気外野手が23日、選手会小学校訪問授業「星に願いを」プロジェクトで横浜市の潮田小学校を訪問した。小学6年生3クラス計103人と、質疑応答やキャッチボールの披露などで触れ合った。

 「小説家になりたい」と夢を語った女の子に、今永は「本を読みたいと思って小説を買ったとき、3日で終わってしまった。僕が眠らないような、おもしろい小説を書いてください」とエール。「おいしい料理をつくるシェフになりたい」という女の子には、関根が「食事は生活に必要なもので、僕もこだわっている。人の人生を変えられる大切な部分だと思います」と熱く語りかけた。

 キャッチボールでは「梶谷Tシャツ」を着用した女の子に優しくアドバイスを送った今永は「野球を知らない小学生も多いと思う。こういう活動をキッカケに知ってもらうのもそうですが、夢を話すいい機会になった。僕もまた自分の目標設定を確認できたし、今日からまた頑張ります。まずは次の登板で勝つことです」と気持ちを新たにしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月23日のニュース