中日 平田が先頭打者本塁打、通算4本目 初球は初「積極的に行けた」

[ 2019年4月23日 18:40 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2019年4月23日    マツダ )

<広・中>初回無死、平田は中越えに初球先頭打者本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日・平田が初回、今季2号となる先頭打者本塁打を放った。広島先発アドゥワの初球を中越えに叩き込んだ。

 平田の先頭打者本塁打は昨年8月25日の広島戦(マツダ)以来4本目。初球は自身初めて。「初球から積極的に行くことができた」と振り返った。

 中日は今季ここまで11勝8敗の3位、昨年までリーグ3連覇の広島は8勝12敗の5位ながらも4連勝中と調子を上げている。試合は平田の先頭打者弾で中日が先制したが、直後に広島が長野の犠飛で追いついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月23日のニュース