広島 小窪、しぶとくサヨナラ打「思い切り行った」雨中の応援に感謝

[ 2019年4月23日 21:24 ]

セ・リーグ   広島3―2中日 ( 2019年4月23日    マツダ )

<広・中>9回2死満塁、サヨナラ打を放ち、雄叫びを上げる小窪(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 雨中の接戦を広島が今季2度目のサヨナラ勝ちで制し5連勝を飾った。

 9回2死満塁から、小窪がしぶとく二塁手の頭を越える安打で試合を決めた。

 この日は一度は逆転しながら追いつかれる息詰まる展開。小窪は7回2死三塁の勝ち越しの場面で遊ゴロに倒れていた。9回も2死満塁となって打席が回ってきた。「前の打席打てなかった。よく覚えていないけど思い切りいこうと思った」と、渋く右前に運んだ。

 試合当初から雨が降り、厳しいコンディションでの戦いとなったが小窪は「雨にもかかわらず応援してもらって背中を押された」と熱い声援に感謝し「ピッチャーが頑張っていて、野手がもっと早く点が取れればよかったけど我慢して勝てた」と振り返った。

 これで5連勝となり、借金も3まで減らした。この勢いなら4月中の5割復帰も見えてきた。小窪は「一戦一戦、目の前の試合を全力頑張る」と次なる戦いに目を向けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月23日のニュース