【南北海道】北海 3年連続準決勝進出 背番号7と9の継投で難敵の追撃かわす

[ 2017年7月20日 16:02 ]

第99回全国高校野球選手権南北海道大会準々決勝   北海2―1函館大有斗 ( 2017年7月20日    札幌円山 )

<北海・函館大有斗>8回途中から好救援の北海・多間
Photo By スポニチ

 昨夏の甲子園準優勝で、南北海道大会3連覇に挑む北海が函館大有斗に2―1で勝ち、3年連続で準決勝に進出した。

 背番号7・阪口皓亮(3年)と背番号9・多間隼介(3年)の継投で春季北海道大会準優勝の難敵の追撃をかわした。1回1/3を無安打に抑えた多間は「初回から準備はできていた。自分の仕事をするだけだった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース