レッドソックス戦力外のサンドバル 古巣ジャイアンツとマイナー契約

[ 2017年7月20日 10:32 ]

パブロ・サンドバル内野手 (AP)
Photo By AP

 レッドソックスを戦力外になったパブロ・サンドバル内野手(30)がジャイアンツとのマイナー契約に合意した。NBCスポーツ(電子版)など米国の複数メディアが19日に報じた。ジャイアンツはサンドバルを傘下の3Aサクラメントにまずは送り、シーズン中にはメジャーへ昇格させる考えだという。

 サンドバルは2014年のオフにレッドソックスと5年総額9500万ドル(約106億円)の大型契約を結んだが、思うような結果を残せず、昨季は左肩の故障でわずか3試合の出場。今季もここまで32試合の出場で打率2割1分2厘、4本塁打、12打点と精彩を欠き、14日に戦力外となった。

 ジャイアンツは2008年から14年まで在籍していた古巣で、3度のワールドシリーズ制覇(10年、12年、14年)に貢献。12年のシリーズでは第1戦に3打席連続本塁打を放つなど、活躍を見せてMVPを獲得した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース