西武、救援陣崩れ自力V消滅 おかわり通算350号も空砲

[ 2017年7月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―10ソフトバンク ( 2017年7月19日    北九州 )

5回1死一塁、通算350号本塁打を放った西武・中村はボードを掲げる
Photo By スポニチ

 西武・中村が史上30人目となる、通算350本目のアーチを架けた。3―4の5回1死一塁で、バックスクリーン右へ20号2ラン。プロ16年目。通算1394試合目での到達は史上7位のスピード記録で、およそ4試合に1本のペースで本塁打を積み重ねた。

 しかし、救援陣が崩れて今季4度目の同一カード3連敗。自力優勝の可能性が消滅し、「また打てるように頑張ります」と喜ぶことなく引き揚げていった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース