新日鉄住金東海REX 優勝候補・Hondaに快勝 軟投派から150キロ右腕にリレーし零封

[ 2017年7月20日 17:16 ]

都市対抗野球大会第7日2回戦   新日鉄住金東海REX3―0Honda ( 2017年7月20日    東京D )

<Honda・新日鉄住金東海REX>3回1死、左越えソロを放ち、花束を贈られた新日鉄住金東海REX・亀山
Photo By スポニチ

 新日鉄住金東海REXが畠山―鈴木の投手リレーで優勝候補の一角、Hondaに快勝した。

 新日鉄は1回、3本の安打を集め先制。3回には亀山が左翼席にソロアーチ、6回にも敵失に乗じ福田の適時打で大きな3点目を挙げた。守っては左腕畠山がカーブ、チェンジアップなど変化球を丁寧にコーナーに投げ分け、130キロ台の速球をより速く見せるクレバーな投球。6回を3安打に抑え、7回からは155キロ右腕鈴木がピンチを招きながらも無失点に抑えた。鈴木は7回登板の初球に東京ドームの計時で155キロをマーク。その後も150キロ台を連発して抑え込んだ。

 Hondaは軟投派・畠山の変化球に苦しみ、3回の一死三塁、5回の無死二塁、6回の一死一、二塁、7回の無死一、二塁のチャンスを生かせず2回戦で姿を消した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース