阿部、先制犠飛で畠を援護「ケーシーがよく走ってくれた」

[ 2017年7月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5中日 ( 2017年7月19日    ナゴヤD )

初回1死満塁、阿部は先制の犠飛を打つ
Photo By スポニチ

 巨人・阿部が2安打を放ち、2000安打まで21本とした。初回1死満塁では先制の左犠飛を放ち「畠が先発だし、先制点が大事だと思っていた。浅い打球だったけど、ケーシー(マギー)がよく走ってくれた」と感謝した。

 直後に陽岱鋼(ヨウダイカン)の3ランで初回に4点を挙げた攻撃に、高橋監督は「野手が点を取って畠は自分のリズムで投げられた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース