日本新薬 吹石新体制初陣● 東芝の底力痛感「初戦は難しい」

[ 2017年7月20日 05:30 ]

第88回都市対抗野球第6日・1回戦   日本新薬2―4東芝 ( 2017年7月19日    東京ドーム )

<東芝・日本新薬>日本新薬の先発・榎田
Photo By スポニチ

 日本新薬は、元近鉄の吹石徳一新監督の都市対抗初陣は惜敗に終わった。

 阪神・榎田の弟、先発の宏樹が3回につかまり追い上げも届かず。「勝つというのは難しい。5回まで1安打。榎田もウチの打線もかなり研究されていた」と東芝の底力を痛感。「選手はよく頑張ってくれたし勝ちたかった。初戦は難しい」と3年連続ベスト8だっただけに初戦敗退を悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース