ソフトB 7年目・甲斐が初の2打席連発「取り返したかった」

[ 2017年7月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク10―6西武 ( 2017年7月19日    北九州 )

ファンの声援に答える上林(左)と甲斐
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは9番の甲斐がプロ7年目で初の2打席連続本塁打を放ち、西武との乱打戦を制した。捕手の甲斐は「点を取られたのは僕の責任。取り返したかった。勝てて良かった」と息をついた。

 3回は「何とか食らいついて」という打球が右翼フェンス最上部に当たって観客席に入る4号ソロ。反撃ののろしとなり、2点を追う4回にも中越えへ一時逆転の5号3ランだ。そして同点の6回は中堅フェンス直撃の三塁打で出塁し、勝ち越しのホームを踏んだ。今季、北九州市民球場では2試合で6打数5安打5打点。打率・833と相性は抜群だ。

 試合前のゲリラ豪雨で打撃練習はできなかったが、3発を含む14安打10得点と爆発。工藤監督は「得てして、そういうことも起こる」とうなずき、3連勝で首位・楽天との1ゲーム差を維持した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース