マエケン8勝目!ドジャースは今季最長11連勝 イチ、代打で遊ゴロ

[ 2017年7月20日 15:10 ]

ホワイトソックス戦の1回、カブレラ(奥)に同点ソロを浴びたドジャース・前田
Photo By 共同

 メジャーリーグは19日(日本時間20日)に各地で全15試合が行われ、ドジャースの前田はホワイトソックス戦に先発して今季8勝目をマーク。5回5安打1失点の内容で後半戦白星スタートを切った。チームは9―1で8回雨天コールド勝ち。これで連勝を今季最長の11にまで伸ばした。

 カブスは8―2でブレーブスを下し、今季初の6連勝。上原は3番手の投手として8回から登板し、1/3回を投げて3安打無失点。先頭から2者連続安打、1アウト後にはアダムスにも右前打を浴び、満塁とされたが、後続の4番手・ストロップがケンプを併殺打に打ち取り、無失点とした。

 マーリンズは3―10でフィリーズに敗れて2連敗。イチローは5回に代打で起用されたが、遊ゴロに倒れた。その後の守備には就かず、この日は1打数無安打。なお、この試合で田沢の登板はなかった。

 アストロズは1―4でマリナーズに敗れ、同カード3連戦を負け越した。この試合で青木の出番はなかった。ヤンキースも1―6でツインズに敗れ、同カード3連戦負け越し。後半戦不振のジャッジはスタメンを外れてベンチスタート。9回に代打で起用されたが、空振り三振に倒れた。

<19日の日本人選手成績、カッコ内はシーズン成績>

前田:先発、5回5安打1失点3奪三振1四球、(試合17試合8勝4敗1セーブ、防御率4・23)

上原:リリーフ、1/3回3安打無失点1奪三振、(36試合3勝4敗13ホールド1セーブ、防御率3・09)

イチロー:代打、遊ゴロ、1打数無安打、(80試合26安打2本塁打9打点、打率・228)

<19日の試合結果>

ナ・リーグ:カブス8―2ブレーブス、フィリーズ10―3マーリンズ、ロッキーズ18―4パドレス、パイレーツ3―2ブルワーズ(延長10回)、レッズ4―3ダイヤモンドバックス(延長11回)、メッツ7―3カージナルス

ア・リーグ:ツインズ6―1ヤンキース、マリナーズ4―1アストロズ、アスレチックス7―2レイズ、オリオールズ10―2レンジャーズ、レッドソックス5―1ブルージェイズ、ロイヤルズ4―3タイガース

インターリーグ:ドジャース9―1ホワイトソックス(8回雨天コールド)、エンゼルス7―0ナショナルズ、ジャイアンツ5―4インディアンス

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース