日本ハム5連敗でストップ 延長11回松本サヨナラ打 楽天球団タイの7連勝ならず

[ 2017年7月20日 22:27 ]

パ・リーグ   日本ハム4―3楽天 ( 2017年7月20日    札幌D )

8回無死一、二塁、同点3ランを打った日本ハム・レアード
Photo By スポニチ

 日本ハムが首位・楽天戦で8回に3点差を追いつき、延長11回の末4―3でサヨナラ勝ち。連敗を5で止めた。楽天は球団タイの7連勝を逃した。

 日本ハムは0―3で迎えた8回、この回登板した2番手・福山から先頭の松本がストレートの四球で歩き、続く中田の中前打で無死一、二塁としてから4番・レアードに起死回生の左越え21号3ランが飛び出して同点。3―3で突入した延長11回、楽天5番手・金刃から中島がこの試合3本目の内野安打を放って出塁し、西川が右前打で続いて1死一、三塁。ここで楽天の投手は6番手・戸村に代わったが、その初球を松本が叩いて二塁への内野安打にし、サヨナラ勝ちを飾った。

 楽天は先発・塩見が7回7安打無失点と好投。勝利投手の権利を得て降板した直後の8回、2番手の福山がレアードに痛恨の同点弾を浴びた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース