西武 3連敗 辻監督「あれだけミスをしたら勝てる試合も勝てない」

[ 2017年7月20日 09:10 ]

パ・リーグ   西武6―10ソフトバンク ( 2017年7月19日    北九州 )

6回無死一塁、金子侑(右から2人目)の打球を左飛と判断した一走・炭谷が帰塁。金子侑が打者追い越しでアウトに。
Photo By スポニチ

 西武・辻監督はミス連発での3連敗に「ミスのてんこ盛り。野球の神様が(いるから)あれだけミスをしたら勝てる試合も勝てない」と悔しさをにじませた。

 4回無死一、二塁では二塁走者・栗山が捕手からのけん制で刺された。6回無死一塁では、金子侑の左翼フェンスを直撃した打球の判断を誤って一塁に戻った炭谷を、打った金子侑が追い越してアウトになった。首位の楽天とのゲーム差は11に開き、早くも自力優勝の可能性が消えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース