マエケン粘投で8勝目 指揮官は評価も「今後の起用法は未定」

[ 2017年7月20日 15:05 ]

インターリーグ   ドジャース9―1ホワイトソックス ( 2017年7月19日    シカゴ )

ホワイトソックス戦の2回、アンダーソンをバント併殺に打ち取り、ガッツポーズするドジャース・前田
Photo By 共同

 ドジャースの前田が19日(日本時間20日)のホワイトソックス戦に先発して8勝目をマーク。5回を投げて5安打1失点の内容で後半戦白星スタートを切った。

 前田はオールスター戦を挟んで中11日の先発。初回、カブレラに右越えソロを浴びていきなり失点したが、その後は毎回のように走者を抱えながらも、粘りの投球で5回を投げ切った。

 スポット先発が続いている前田だが、ロバーツ監督は「彼と話し合うことなるが、現時点では(起用法について)何とも言えない」とコメント。「ただ、先発の機会を得られるだけの内容ではあったね」とこの日の投球については評価していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース