NTT東日本が8強一番乗り!トヨタ自動車は連覇夢散 頼みの佐竹が決勝点献上

[ 2017年7月20日 13:33 ]

都市対抗野球大会第7日・2回戦   NTT東日本6―3トヨタ自動車 ( 2017年7月20日    京D )

<トヨタ自動車・NTT東日本>8回2死一、二塁、NTT東日本・伊藤は右越えの2点適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 NTT東日本がトヨタ自動車の橋戸賞男・佐竹から決勝点を奪いベスト8に一番乗りを果たした。NTTは同点の7回、先頭の伊藤が右前打。1死後二盗し、1回戦から6打席連続安打の福田周は左飛に倒れたが2死から代打高野が右翼線に勝ち越し打を放った。8回にも伊藤が右翼線へ2点二塁打。勝負を決めた。

 投げては4回から登板した2番手の末永が好投。大竹につないで逃げ切った。トヨタとは昨年の都市対抗準々決勝で敗れ、日本選手権でも初戦で対戦し敗戦。「今度こそ!」の思いが結果につながった。トヨタは頼みの佐竹が3失点、連覇が消えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月20日のニュース