投壊阪神、早くもローテ再編 メッセ、中5日で6日ヤクルト戦先発へ 

[ 2017年4月4日 08:15 ]

中5日でヤクルト戦を迎えるメッセンジャーは練習中から気合のガッツポーズ
Photo By スポニチ

 開幕2カード目にして阪神の先発ローテーションが再編された。開幕投手を務めたメッセンジャーは中5日で6日のヤクルト戦(京セラドーム)に回ることが濃厚。3日の投手練習では甲子園球場でキャッチボールなどで調整し、「早くマウンドに上がって投げたいよ」とツバメ斬りでの2勝目へ意気込んだ。

 当初はヤクルト3連戦での起用が見込まれていた先発6番手の青柳は8日の巨人戦(甲子園)で今季初登板を迎えることが有力。昨季1勝3敗ながら対戦防御率2・10を誇った宿敵との顔合わせに「周りからは(巨人との相性が)良いと言われていますが、僕は負け越しているので、得意と思っていない」と油断する様子はなかった。

 前回3月30日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(鳴尾浜)から中8日で迎える本番に向けてポール間走などで調整。2年目で初めて開幕ローテーションの座をつかみ、「与えられたところでしっかり頑張りたい。投げた試合は全部勝ちたいと思っているので。(チームに)勝ちを付けられればいい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース