兵庫ディオーネ 白星発進 初回一挙4点、里は4失点完投

[ 2017年4月4日 05:30 ]

日本女子プロ野球   兵庫ディオーネ6―4京都フローラ ( 2017年4月3日    京セラドーム )

<兵庫ディオーネ・京都フローラ>初回、先制の右中間適時三塁打を放つ兵庫ディオーネ・太田
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ1試合が行われ、昨年の年間女王・兵庫ディオーネが京都フローラを6―4で下して今季初戦を白星で飾った。

 初回に4番・太田の右中間三塁打で先制すると寺部、田中、みなみも適時打を放って一挙4得点。4回にも中犠飛を放った太田は「(先制打は)緊張せずに力を抜いて思い切り振り抜きました」。昨年最多勝、最優秀防御率などのタイトルを獲得し、MVPに輝いた先発の里は4失点で完投。「重要な試合に勝ててよかった」とホッとした表情を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース