中日・森監督 “コイだけキラー”八木頼み「年に1回でいいから」

[ 2017年4月4日 05:30 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2017年4月5日    ナゴヤドーム )

キャッチボールで調整する八木
Photo By スポニチ

 中日・森監督が3日、5日の広島戦(ナゴヤドーム)で先発起用する八木に鯉叩きを厳令した。

 15年に挙げた4勝がすべてナゴヤドームでの広島戦だったことから“鯉だけキラー”と呼ばれ、「その得意技を今回、年に一回でいいから見せてほしいね。そのために買っているんだから」と期待を膨らませた。

 昨季唯一の1軍登板も同じ本拠地での広島戦。勝敗は付かなくても6回を3安打1失点に抑える好投で好相性は健在だった。ナゴヤドームの1軍練習に合流した八木は「キャンプの前からそこ(2カード目)に合わせようと思っていた。状態は悪くない。しっかり抑えて他球団にも投げることができるようにアピールしたい」と力を込めた。

 2年ぶり開幕3連敗で厳しい発進を強いられた上、6日の第3戦には中4日でバルデスが先発予定と早くも駒不足。友利投手コーチも「誰でもいいから流れを変えてくれ」と本音を漏らした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース