アーチャー マーに投げ勝った WBC米国代表も準決勝以降は離脱

[ 2017年4月4日 05:30 ]

ア・リーグ   レイズ7―3ヤンキース ( 2017年4月2日    セントピーターズバーグ )

<レイズ・ヤンキース>7回を7安打2失点のアーチャー(AP)
Photo By AP

 レイズの先発アーチャーが7回を7安打2失点と好投し、勝利投手となった。

 WBC米国代表だったが登板は1次ラウンドの1試合のみ。シーズンに備えるため準決勝以降は離脱した。昨季リーグワーストタイの19敗を喫した右腕は「勝つには十分な内容だった」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース