ヘルナンデス 股関節の張りで5回降板 8日の次回登板は予定通り

[ 2017年4月4日 16:45 ]

 9年連続で開幕投手を務めたマリナーズのヘルナンデスは股関節の張りで65球、5回限りで降板した。スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、4回の守備で一塁にベースカバーに入った際に痛めたもよう。

 メジャー通算154勝の30歳のエースは一、四回にソロ本塁打を浴びて2失点。打線の援護がなく、黒星が付いた。股関節については「軽い張りにすぎない」と話した上で、8日の次回登板は予定通りとした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース