西武・多和田 レンコンパワーでオリ料理だ 花粉症予防に効果てきめん

[ 2017年4月4日 05:30 ]

パ・リーグ   西武―オリックス ( 2017年4月4日    メットライフドーム )

高橋光(右)がプロデュースしたキャップをかぶる多和田
Photo By スポニチ

 レンコンパワーだ。4日の本拠地開幕戦となるオリックス戦に先発する西武・多和田は「花粉症は大丈夫。3日前からレンコンを毎日食べるようになって状態がいい」と明かした。

 昨年初めて花粉症を発症。鼻うがいなど対策を講じたものの、効果は一時的だった。今年もスギ花粉の飛散がピークの3月上旬から鼻水をすする日々。だが、インターネットで調べてレンコンを食べ始めると、効果てきめんだった。レンコンに豊富に含まれる成分「タンニン」が、花粉症を起こす抗体「igE」を抑える働きがあるという。

 レンコンは穴がたくさん開いていることから、先が見通せる縁起の良い食べ物としても知られる。2年目右腕は「明日は大事な試合。シーズンを通しての投球が決まるぐらいの気持ちで投げたい」と鼻声も治り、力強く誓った。 (平尾 類)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月4日のニュース